2009年 11月 01日

ジムナスティックフェスティバル 2009

相模原市体操協会 創立25周年記念
体操競技・新体操・トランポリン・アクロ体操
日本代表選手招待演技会


というのが、相模原市北総合体育館 で開催され、見に行ってきました。

子供達が通う体操教室のコーチに紹介されたのですが、日本代表選手がずらっとそろうということで、こんな機会は滅多にない!ということで、これは行かなくては!。

子供達も体操競技という形でやっているわけではないのですが、やはりジャンルはなんであれ、その世界のトップアスリートを間近に見れるという事は何か得る物があるはずです。

実は写真を掲載したいのですが、今回は撮影許可があって撮影自体は大丈夫だったのですが、あくまで「家庭でお楽しみください」ということで、ネット掲載はダメなんですね。。。残念。

演技会自体は、いろんな選手がいろんな種目を一つずつ実施する形で、コーチが解説や競技の説明などをしてくれて、大変わかりやすかったです。

今回のメインは、やはり世界王者の内村航平選手でしょう。
もう目の前で吊り輪と鉄棒の演技を見せてもらいました。やっぱりすごいです。内村選手は近くで見ると、普通の大学生なんですが、競技に入ると別物って感じです。鉄棒なんかはスピードと高さ、正確さもあって、まさに鳥肌ものでした。私も詳しくないですが、ライブでみると伝わってくる物がありますね。

その他にすごかったのは、男子新体操です。
テレビではあまり見る事はありませんが、すごくダイナミックで良かったです。特に団体(6人でやる)は、シンクロ度合いも抜群で、感動しました。

その他にも沢山の選手が沢山の演技を見せてくれて、書ききれないくらいです。
体育館も満員御礼状態で、選手達も大勢のお客さんの前で演技することを「うれしい」と言っていました。

やっぱり、ライブって良いもんですねえ。

子供達もきっと何かを感じとってくれたでしょう。
[PR]

by yukibou65 | 2009-11-01 22:09 | 日記


<< 秦野戸川公園      山でのiPhone環境のまとめ >>