2010年 03月 13日

高尾山

3月13日(土)家族で高尾山に行ってきました。
予報通りの暖かい一日で、風は少しありましたが、汗ばむくらいの陽気で楽しくのんびり歩いてきました。
渋滞を予想していましたが、すんなりと自宅から約1時間で到着。高尾山口駅前の駐車場に入れることができました。こんなに良い天気だけど、まだそれほど込み合う時期ではなさそう。

e0066813_2341282.jpg

駅前も割とひっそり?としています。
e0066813_2341208.jpg

ケーブル駅に向かう途中、焼き団子に反応する隊員。

e0066813_23413171.jpg

日陰には火曜日あたりに降った雪がまだしっかり残っています。雪を見るたびにストックでザクザクやる隊員たち。

e0066813_23414387.jpg

5分くらいでケーブル駅に到着!!
人も多くなってきて賑わっています。幼稚園の遠足舞台やら家族連れ、観光?、登山客、トレランなど、いろんな人がいます。

e0066813_23415189.jpg

駅前の「むささび」前でポーズを決める隊員たち。気合入れています。

e0066813_2342022.jpg

さて!では、いよいよ本格的な登りです。
予定では6号路を使って頂上までいくつもりでしたが、倒木のため通行止めに。仕方なく稲荷山尾根コースを使って頂上を目指します、約3km、90分ほどのコースです。

e0066813_23421117.jpg

で、いきなり階段使って高度をとります。
途中、コース整備の業者の方がチラホラ作業されていました、ご苦労様です。

e0066813_23421927.jpg

こんな感じのコースです。粘土質というのか、溶けた雪でけっこうドロドロというかネットリしてます。水はけも悪くて、ここからドロとの戦いでした。笑

e0066813_2342331.jpg

e0066813_23425476.jpg

娘が妙にハイテンションで、先頭をグイグイ引っ張っていきます。
休憩時に配られるお菓子と、頂上でのお昼ごはんが目当てらしい。笑
軽やかに登っていきます。すでに暑くてTシャツです。

e0066813_2343567.jpg

途中、景色が開けたポイントから関東平野を望みます。すかっと晴れていませんが、東京ドームあたりまで確認できました。

e0066813_23431777.jpg

こんな感じで、常に人が歩いています。
さすがに人気も山ですね。

e0066813_23432425.jpg

途中、ヘビの講習を受ける隊員たち。

e0066813_23433619.jpg

頂上下の階段を猛然と登る隊員。

e0066813_23434858.jpg

開けた頂上広場は、すでに多くの人で賑わっていました。
天気も良くて、暖かくて、風も割とおだやかで、3月とは思えないです。
到着はちょうど12時。息子の記録によると、歩行時間90分。休憩時間30分とのこと。
泥濘コースでしたが、みな頑張りました。

e0066813_23435942.jpg

昼食です。今回はおきらくに済ませるために、おにぎりを持参。
暖かいから、のんびりと休めるから良いですね。

e0066813_2344960.jpg

展望台から、うっすらと富士山確認。これで景色が良かったら最高ですね。

e0066813_23441951.jpg

山頂看板前で。
さて、これから下山です。
とりあえず、ケーブル駅まで向かいます。

e0066813_23443186.jpg

売店前で、残雪チェックをする隊員。

e0066813_23444091.jpg

薬王院へ向かうメインルートです。さすがにここは人が多いです。午後から来る人も多いようですね。しばらくは泥道なんですが、みなさん苦労されています。ハイヒールから登山靴まで。またまたベビーカーも通ります。


e0066813_23445321.jpg

ケーブル駅改札前にある売店にしか売っていない、「天狗焼き」。
これが、また美味しくて。中に入っている豆の甘さが良いかんじです。
息子は、これを焼くのに興味があるらしく、ずっと店の前で焼くのを観察していました。笑

e0066813_234535.jpg

帰りもケーブル使わず、1号路を使って降ります。
結構急斜面の舗装路なので、疲れますが。。。

e0066813_234514100.jpg

文句たれながらも。。。無事に全員下山しました。

e0066813_23452660.jpg

これまた駅前の残雪でポーズをとる隊員たち。
よくがんばった!!お疲れさん。
さて、次はどこのお山に行こうか!!
[PR]

by yukibou65 | 2010-03-13 23:38 | キャンプとバックパッキング


<< もう一つの高尾山      ササヤカな時間 >>