ゆきぼうろぐ

yukibou65.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 13日

ファミリートレッキング 涸沢へ(その2)


8月8日(日)

5:00起床
すでにまわりは出発の準備中だ。テントもすでに半数近くはたたまれており、さすがに山は早出というのを実感する。

昨夜の疲れもあって、全員眠たげだが、声をかけて起こしていく。
コーヒーを飲んだら、ようやく目が覚めた感じだ。今朝はパンとスープで手早く済ませる。

昨日からとなりのテントに小1の女の子がいた。ベテランクライマー風のご夫婦と3人家族。なんと1才から涸沢に来ているそうで、もう7回目だとか。。。すごい。今年は奥穂へ自分の足で行くそうだ!がんばって。子供たちもちょっと仲良くなったので、涸沢のテントサイトで再会できるといいね。




8:00
横尾を出発!
e0066813_2257845.jpg


テントサイトはほとんど空っぽ(笑)。
今日は登りだ!
横尾大橋を渡って、森の中をずんずん行く。バルトロは相変わらず重いけど、体調は良い!気分も良い!(食糧減ったけど、息子のシュラフを入れたんだ)
e0066813_22571518.jpg

e0066813_22582525.jpg

e0066813_22583150.jpg


屏風岩を左に見ながら、川沿いの狭い道を行く。これまでの道と違って少し険しさも出てくる。
e0066813_22584278.jpg

e0066813_22583684.jpg



「吊り橋があるから、そこで休憩!」という目標を掲げて、さっそく「まだ~?」を連発する子供たちの相手をしながら、歩みを進める。
ところどころで小休止を入れながら。
e0066813_22585391.jpg




9:30
本谷橋到着。
e0066813_2305566.jpg


立派な吊り橋だ!川原ではみな休憩中。
e0066813_22592079.jpg


ひんやりしてともて気持ちよい。水も切れるくらいに冷たい。
e0066813_2322850.jpg


山肌からも水が湧き出してして、子供たちは興味津津だ。
e0066813_2323475.jpg


あんまりゆっくりもできないので、30分で切り上げる。



10:00
本谷橋をスタート。
いきなりというか、ここから本格的に登山道だ。
クネクネと高度を上げ、岩ごろごろで歩きにくかったり、平らで歩きやすかったり、直線でなだらかだったり、と色んな様子を見せてくれる。
e0066813_231248.jpg


休み休み、ゆっくりと登る。
今回の行動食、ウイダーインゼリーが大好評で、とても飲みやすくて人気だった。これのおかげで子供たちも頑張れた。
あと、m&mチョコも大好評だった。子供たちは基本的に甘いものをツマミながら歩いていましたね。
e0066813_2311876.jpg


幸いだったのが、日差しがゆるかったこと。天候としては雲が多くてイマイチだったが、おかげで涼しくて汗もそんなにかかない。これは体力面でラッキーだった。
e0066813_231770.jpg



遠くに涸沢ヒュッテの頭が見えてくる。ここからが長いんですよね。
e0066813_2313728.jpg



右手に沢音がしはじめるころ、雪渓が見えてきた。
アイゼンは不要だが、一歩一歩ゆっくりと登る。
e0066813_2312294.jpg

e0066813_2312735.jpg


やがて最後の石畳に差し掛かる。ほんとにもう少し!
e0066813_2314152.jpg

子供たちもさすがに疲れたようで、ちょっと進んでは止まるの繰り返し。「もうだめ~」を連発しながらも、がんばりを励まし、声をかけながら一緒に登る。


13:05
ようやく、涸沢ヒュッテ到着!!
みんなよくがんばった!!
e0066813_23205787.jpg


すでにデッキでは多くの登山者で賑わっていた。

テントの場所を探しながら歩いていると、偶然にも横尾で会った女の子と再会できた。
ちょうどそのあたりは大きなテントもはれるくらいのスペースがいくつかあった。クロノスドーム4型のスペースを確保するのはけっこう難しい。岩をどけて、整地して、テントを設営した。
e0066813_232399.jpg


ヒュッテと小屋を結ぶ道から上部のほうが比較的フラットで広いスペースが多いようだ、下側は傾斜もあるので小型テントに適しているように思う。
e0066813_2324648.jpg


テントからカールが大きく広がっており、良い眺めだ。
e0066813_2321229.jpg

e0066813_2315711.jpg

e0066813_2315318.jpg

e0066813_2314862.jpg



すぐに子供たちは仲良くなって、一緒に遊びだした。
ちょうど大きな岩があって、そこでお菓子を持ち寄ったり、子供たちはすぐに仲良くなって、遊びを創造して、上手に遊ぶ。
e0066813_2323953.jpg


しかし、元気あるなあ。カールに子供たちの笑い声が響き渡っていた。
e0066813_233912.jpg

e0066813_232824.jpg



設営やらようやく落ち着いたころ、待ちに待った生ビールをいただきに行く(笑)。おでんに、ソフトクリーム、生ビールと、ちょっと贅沢に、ここまで来られたことをお祝いする。本当によくがんばった。お父さんはうれしいです。
e0066813_2325739.jpg


乾杯!!いやー、んまいです。
e0066813_23332.jpg




雲もかかってきて寒くなってきた。
カールから吹いてくる風は雪渓で冷やされるのだろうか、結構寒い。
雨具まで着こんで、夕食の準備。

今日はガーリックトマトペンネ!市販のソースだが、これも絶品だった。
e0066813_2331999.jpg


食後はモルトウイスキーをチビチビやりながら、ほろ酔い気分。
e0066813_2321990.jpg


空は雲で覆われている。明日は天気予報も芳しくない。
e0066813_2331357.jpg


時折吹いたりやんだりする風の中、チビチビとやっていると暗くなってきた。

今日も19時ごろにはシュラフに潜り込んでいた。
背中の石ゴロゴロ感もまあまあだ。
あ!星を見ないと! でも、空はグレーだったな。。。仕方ないな。。
次は北穂に登りたいな。。。息子が中学生になったら槍も行きたいな。。。そういえば娘も槍ヶ岳登りたいって言ってたな。。。

おやすみなさい。



テントを打つ雨の音で夜中に目が覚めた。。。
0時頃か。幸い風は強くない。でも、雨は時折強くなる。ま、夜は雨降るよな。。。などと思いつつ、また眠りに着いた。





8月8日(日) 晴れのち曇り
横尾キャンプ場~涸沢テント場
歩行時間:約5時間(休憩約1時間含む)
歩行距離:約6km
[PR]

by yukibou65 | 2010-08-13 23:19 | キャンプとバックパッキング


<< ファミリートレッキング 涸沢へ...      ファミリートレッキング 涸沢へ... >>