2011年 10月 16日

秋の北アルプス 南岳~槍ヶ岳縦走(まとめ)

e0066813_23321326.jpg

念願の槍ヶ岳に行くことができて、感動している。笑。
おまけに、南岳からパノラマ縦走付きで、もう何も言うことがない。
(ニックさんのおすすめコースだ)


□所感など
無事にトラブルもなく、今回の山行も終えることができた。
おまけに、天候にも恵まれて、久しぶりのすかっとする天気での山歩きだった。空気が澄んでいるのが、とおくまできれいに見えて、実に清々しい景色で、山っていいなあとシミジミ思った。

30日が悪天候で停滞したが、結果的に良かった。無理に歩いても何も楽しくないし、体力も温存できたと思う。ま、そのぶん最終日は距離が長くてしんどかったが。

新穂高側が初めてだったが、上高地と比べて地味と言うか静かで良い。上高地も大好きだが、こっちも違う趣で良い。今度は双六や蓮華のほうへも行ってみたい。

自分で思うのは、最近登れるようになってきたということ。ニックとコックは昔から体力自慢だが、最近はしぶとく付いていけるようになってきたかなと(笑)。 それに、南岳新道は自身につながる。20kgの荷物で20km歩いて、2000m下ってきたのも、我ながらよく頑張ったと。
3日間くらい、筋肉痛だったけど。


□装備関係
思ったより寒かった。ダウンもライトシェル、フリースも持っていった。ちょうど良かった。レインウェアをアウターとして使った。
雨の時はそんなに寒くなかったが、最終日の朝は冷え込んだ。冬型が入ってきているとのことだった。なので、フライもバリバリに凍っていた。

テント。プロモンテVL24のデビューだったが、もうかなり気に入ってしまった。
軽量はもとより、使いやすい。ジッパーがL字型だが、これが良い。縦だけ、横だけとか、さっと開く。
付属ペグもしっかりしていて、曲りはなし。ガイラインは倒立にしておいてよかった。石に固定しやすい。
一日以上雨に降られたが、浸水はあり。これは水たまり状態になっていたから仕方ないかと。
フライシートをポールに紐で結びつけるのだが、少し面倒だが今回の風では問題なしだった。

水、小屋で手に入ったから問題なし。でも、思ったより水分は必要だった。

ブーツ、LOWAタホプロは長距離2回目だったが、ますます馴染んできた。もうちょっと厚めのソックスでフィット感を出してみようと思う。靴擦れ、痛みなし。

食事、あまり食欲は出なかった。ミートボールは美味しかった。中華三昧のスーラータンメンも噂に違わず美味しかった。キムチはパックが破裂したので、パッケージを検討必要。
今回は焼酎持っていったが、ウイスキーのほうが合うかもしれない。山には。ビールはおとなしく小屋で買うことにしよう。笑

軽量化。もう少し荷物軽くしたい。歩く距離にもよるが、もうちょい行動時間を短くすれば大丈夫か。
我々の場合、一日の行動時間が長すぎるのかもしれない。もうちょっと楽に歩きたいねと。笑


□その他
ハシゴ、慣れのような気がしてきた。だんだん怖さがなくなってきた。
それより、岩場のトラバースのほうがよっぽど怖い。特にブーツの幅しか足が置けないとか、そんな場所。

iPhone4 + FieldAccessはバッチリ。5000mAh程度のサブバッテリーがあれば2泊3日でログとナビできる。でも、ドコモはいいなあ、本当にエリアが広い。SBは山では駄目だ。

ユンケルは疲れた時の運転に効果アリと感じた。しかし、食欲がなくなるようだ。

最後に、
いつもの仲間に感謝!また来年!
[PR]

by yukibou65 | 2011-10-16 20:32 | キャンプとバックパッキング


<< あこがれのLANDROVERたち      秋の北アルプス 南岳~槍ヶ岳縦... >>