ゆきぼうろぐ

yukibou65.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 28日

あこがれのLANDROVERたち

これまでもクルマネタを少しづつ書いてきたが、今回は憧れのクルマである、LANDROVERについて書いてみたい。
いつかはLANDROVERに乗りたい!そう、ずーっと思ってきた。
クロカン遊びをしていたころからのあこがれの車だ。

キャメルトロフィーのビデオを見て、ノックアウトされた。こんな大人の遊びがあるんだ!って。

で、次に買うクルマは、ぜったいLANDROVERにしようとこっそりと思っている。
その中でも、DEFFENDERだ。

■DEFFENDER110

e0066813_93450100.jpg

e0066813_9345114.jpg


この2006年までのいわゆる旧型。DEFFENDER110。
この四角い、質実剛健、シンプル、それが良い。遊びにガンガン使えそうだ。
でも、中古でも300万円以上するし、程度良いと500万円くらいか。

e0066813_9344910.jpg

e0066813_934512.jpg


キャメルトロフィー仕様。このキャメルイエローは、その次代を過ごした御仁には耐えられない魅力ではないだろうか。

2007年からは外観はそっくりだが、内装やエンジンやら大幅に刷新された。
e0066813_9344771.jpg

e0066813_934521.jpg

新車でも買えるが、1000万円近い…もう、これじゃ手が届かない。笑


■RANGEROVER

e0066813_9344811.jpg

e0066813_934484.jpg

もちろん、RANGEROVERも大好きなクルマの一台。
オフロードのロールスロイスとか呼ばれているが、やはりその走破性、オフロードを考えた作りに惹かれる。
こいつのキャメルカーももちろん、かっこいい。
中古でも手頃に買えるものがあるが、やはりきちんとメンテと維持をするには、それなりのお金も掛かりそうで、なにより信頼できるショップが必要だろう。

もっと、手軽に買えるのが、これ。
e0066813_9345385.jpg

RANGEROVERのセカンドモデル。
前後リジットアクスルはそのままに、電子制御満載のあたらしいRANGEだ。これも初代の面影を残しているので、候補の一台。100万以下から手にはいる。こいつを遊びでガンガン使うのもよいかと思う。

これ以降のサードモデルから現行モデルは、オフロードで遊ぶのも憚れるほど豪華な感じで、ちょっと興味は薄れる。リジットアクスルもなくなり、足も全部電子制御になってしまった。
コンセプトは理解できるが、あまり食指はうごかない。


■DISCOVERY

e0066813_9345068.jpg

ニーズを満たすもう一台は、これ、DISCOVERY。
RANGEのドライブトレインを利用し、比較的求めやすい価格でデビューした。
これもキャメルカーで活躍しており、その走破性は折り紙つき。国内デビュー当時はMTも選択できたが、現在流通の中古車はほぼAT。やっはりこいつはMTで乗りたい。
これも遊びでガンガン使えそうな一台だ。

e0066813_9345415.jpg

電子制御で進化した2代目。デザインは踏襲されているが、内部は大幅に進化?した。

3代目以降は、デザインはRANGEぽくなり価格も高くなって、ちょっと興味薄。



ということで、いつかはLANDROVERに乗りたいと、あこがれを持ち続けている。
時代はエコカーだが、正直欲しいと思える魅力的な一台はない。
エコじゃないけど、古き良き名車を大切に乗ってみたいと思っている。

時代の影響か、貴重な情報源だったLANDROVERマガジンも休刊して久しい。

街中で古いLANDROVERを見ると、そのオーナーさんの想いに気持ちを馳せ、「いつかは」とシズカに誓うのでした…
[PR]

by yukibou65 | 2011-10-28 10:03 | TRAVIQ(車)


<< 造形「さがみ風っ子展」      秋の北アルプス 南岳~槍ヶ岳縦... >>