2011年 10月 29日

造形「さがみ風っ子展」

毎年この時期に開催される、造形「さがみ風っ子展」。
子供たちの作品も展示されているので、観に行って来ました。

造形「さがみ風っ子展」から、引用。

 市立の全ての小・中学校、特別支援学校・公立幼稚園・県立高校の図工・美術の作品を展示する、日本一のスケールを誇る野外の大作品展です。
 平成15年からは、女子美術大学の美術館でもその一部を展示し、大学との交流もおこなっています。
 芸術の秋にふさわしい子供たちの創造性あふれる作品が楽しめます。


なるほど。
子供たちの素朴で純粋で温かい作品ばかりで、癒されます。

まずは、造形コーナーで、自分でいろんな材料を組み合わせて、自由に作品を作ります。
ボンドで貼りつけて、色を塗って、いろんな材料をもってきては、考えているようです。
e0066813_0312742.jpg

e0066813_0312794.jpg

e0066813_0312846.jpg

e0066813_0312923.jpg

娘の作品。大好きな「豆しば」のご飯のひとときだそうです。
もちろん、息子も負けじと作っていました。

会場はこんな感じで、学校ごとに展示されています。
e0066813_0312973.jpg

e0066813_0313036.jpg

e0066813_0313085.jpg

e0066813_0313134.jpg

しかし、これを展示する作業も大変だなあとつくづく思います。

e0066813_0313265.jpg

娘の作品もありました。3年生のテーマは、「恐竜」。いろんな恐竜がところ狭しと並べてありました。

今日はほんと良い天気で、ポカポカでしたね。
桜も間違ったのか、花が咲いてました。
e0066813_0313264.jpg



e0066813_0313486.jpg

3人で記念撮影。

e0066813_0313488.jpg

とても穏やかな土曜日でした。
[PR]

by yukibou65 | 2011-10-29 22:45 | 日記


<< 娘の誕生日      あこがれのLANDROVERたち >>