2012年 04月 03日

娘と二人で山キャンプ

3月31日(土)から一泊二日で、かねてからの約束の山キャンプに行って来ました。
場所は丹沢の大倉高原山の家。唯一丹沢の山の中でテント泊できる場所です。
ちょうど大倉のバス停からも1時間程度の歩きで行けます。

3月31日(土)
天気予報は生憎の雨。朝から風が強くて、渋沢の駅降りたら、雨でした。
ま、でも娘もテンションずっと高いので、気楽にのんびりと向かいます。

e0066813_2210152.jpg

大倉のバス停では、結構しぶとく降っています。空もどんより~。

e0066813_22101567.jpg

でも、雨具を着込んで、いざ出発!!
さすがに人も少なくて、シズカです。

e0066813_22101655.jpg

森のなかをひたすらじっくりと登っていきます。
そんなに強い雨でもないので、娘もニコニコしながら、しっかりと歩いてくれます。

e0066813_22102234.jpg

上っている途中で、見晴茶屋のスタッフの方と少しお話。
まだ、風が強くて雨も強いから、小屋でしばらく休んでいきなさいと、嬉しいお言葉。
確かに、この天気じゃテント張ってもずっと中でゴロゴロになりそうなので、お言葉に甘えて見晴茶屋で休憩させていただくことに。高原の家のちょっだけ登ったところにあります。
外は、強い風と雨。夕方には晴れる予報だが、なかなか好転しません。


e0066813_22101683.jpg

お湯も分けていただいて、チキンラーメンで昼食。
その後も、小屋でお菓子やビールでまったりと…

娘もしばらくすると飽きてきたて、早くキャンプしたいと。
ま、それならと16時頃に小屋を後にして、高原山の家へ移動開始。

e0066813_22101725.jpg

約10分で到着!!
雨の中、テントと格闘して、やっと張り終えたら、見る見る晴れてきました~。

e0066813_22101753.jpg

そう、丹沢唯一のキャンプ場。

e0066813_2210183.jpg

大倉高原キャンプ場。一人400円です。お水は20円。

e0066813_22101951.jpg

荷物も整理して、雨具も干して、やっと一段落。

そしたら、さきほどの見晴茶屋のスタッフの方が訪ねてきてくれました。雨で心配してくださったようで、とても嬉しかったです。小さな子連れということで、心配してくださっていました。すっかりお名前を伺うのを忘れてしまって…ありがとうございました。

e0066813_22101945.jpg

このキャンプ場の凄いところは、抜群の見晴らし!
遠くの相模湾までくっきりと広がっていました。いやあ、これはナイスな景色です。

e0066813_22101979.jpg

キャンプ場のすぐ下が、大倉高原山の家です。
この日は、大学生のグループが一組だけで、テント2張りのみ。
学生君たちは、下のベンチで夕食の準備を始めています。

e0066813_22102092.jpg

スペースは結構広くて、ゆったりと使わせていただいております。キャンプサイトは登山道の両脇に広がっている感じです。

e0066813_22102124.jpg

山の家は、まだスタッフの方はいらしてないようです。さすがにこの天気ですし。

e0066813_22102356.jpg

今回は、のんびりと山キャンプなので、静かなストームクッカーをチョイス。
また、台があれば焚き火も可能ということで、ネイチャーストーブも持参。火を焚いて、炭を熾してモチを焼きます。
メインは、ペンネとミートソース。そう、チェックリストどおりに!

e0066813_22105371.jpg

ちょっと重いけど、さかいやBASE2テントを持って来ました。二人用で中も広々、娘はすっかりくつろいで、出てこなくなりました。笑
すっかり秘密基地のようにくつろいで、自分で中もレイアウトしてご満悦。悪天候にも文句言わずに、楽しんでくれているようで、ほんと良かった。ママにも近況メールしながら、寝るまでハイテンション!

19時過ぎに、またまた雨が降りだしてきました。
テントの軒で、またまたモチを焼きながらホットウイスキーをいただきます。

あまり眠くないけど、横になってお喋りして、適当に就寝。
天気予報だと、明日は晴れるようなので期待。
22時頃まで雨が降っていたが、ピタと止む。星を狙おうかと思ったが、けっこう寒くなってきてシュラフから出れず。笑

おやすみなさい~。 無事に一日目終了。
[PR]

by yukibou65 | 2012-04-03 22:37 | キャンプとバックパッキング


<< 娘と二人で山キャンプ(二日目)      週末は山キャンプへ >>