ゆきぼうろぐ

yukibou65.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山 ( 30 ) タグの人気記事


2010年 11月 28日

南アルプス2泊3日(光岳と茶臼岳)その3


11月14日(日)

06:30 起床
いやあ、よく眠りますした。笑
って、もうこんな時間じゃないですか!
小屋に光も差し込まず、目覚まし時計も沈黙。
当然の成り行きかもしれません。
いつもは最後に目を覚ますニック氏に起こされるという珍事となってしまいました。
e0066813_22534685.jpg


続きがありますが。。
[PR]

by yukibou65 | 2010-11-28 23:07 | キャンプとバックパッキング
2010年 11月 27日

南アルプス2泊3日(光岳と茶臼岳)その2

11月13日(土)

05:00 起床 (0℃)
奇跡的に無事になんとか起床。
だいたい寝坊するのだが、ほどほどの時間に起床できた。いい感じだ。
さっそくお茶を沸かしながら、朝食をとる。
e0066813_21143360.jpg


昨日の雨で凍ってます。
e0066813_21144835.jpg


続きを読んでください
[PR]

by yukibou65 | 2010-11-27 21:39 | キャンプとバックパッキング
2010年 11月 23日

南アルプス2泊3日(光岳と茶臼岳)その1

11月12日(金)

2:00ごろ飯田ICで友人たちと待ち合わせ。
飯田IC近くの駐車場に1台デポして、1台に乗り合わせ、今回の登山口「易老渡」に向かう。
最後の約20kmは細い山道と落石などで荒れていて、とても気を遣う。
鹿、いのしし、たぬき、イタチなど、いろんな動物たちが車の前を横切る。

結局4:30ごろに易老渡到着。

これじゃ寝れないなーと言いながらも缶ビールで乾杯。笑
それでも1時間くらいはうとうとと仮眠する。

明るくなった6:00ごろ、完全に眠りたいモード。それに寒い。
これじゃいかんということで、3人で気合を入れて準備始める。

やればできるじゃん。

続きを読んでみる
[PR]

by yukibou65 | 2010-11-23 13:39 | キャンプとバックパッキング
2010年 08月 12日

ファミリートレッキング 涸沢へ(その1)

我が家の夏休みの一大イベント! 家族で涸沢までトレッキングだ。4泊5日の行程で、もちろんテント泊。子供たちのことも考えて、行程や装備やら準備してきた。いよいよ本番である。(笑
15年位前にカミサンと友人たちと奥穂高に登ったのだが、そのとき以来だ。いつかは子供たちに上高地から涸沢までの美しい風景や山々を見せてやりたいと思っていた。親の勝手なエゴかもしれないけど。。。

幸い、これまで日帰りトレッキングやオートキャンプでアウトドアには慣れているので、準備段階からも積極的で、なんとかなりそうだ。
問題は天候だ。こればっかりは仕方ないので、いざとなったら小屋利用も視野に入れている。

なんか前置きが長くなりそうだ。いつもそうだが。

続きを読む!
[PR]

by yukibou65 | 2010-08-12 23:47 | キャンプとバックパッキング
2010年 06月 26日

雲取山一泊二日(その1)

6月19日(金)

雨はしっかりと降り続いている。
岐阜と豊橋から友人2名を迎えての奥多摩は、良いスタートではなさそうだ。。。
23時に自宅を出て、3人で奥多摩に向かった。雨はしとしと降っている。
1時ごろに、峰谷渓流釣り場の駐車場に到着。天気次第ではコース変更も検討し、車内で仮眠に入った。


6月20日(土)

6時ごろ目を覚ますと、雨はあがっているようだ。なんとかスタートできそうだ。
3人ともモゾモゾと起きだして。コーヒー入れたり朝飯食べたり、荷物詰めたり。

渓流釣り場の管理人さんに、駐車料金を支払う。ちょっと世間話をする。とても感じのよい管理人さんだ。

天気も大丈夫そう。だんだんと明るくなってくる!よし!
予定通りのコースでいけそうだ。

More
[PR]

by yukibou65 | 2010-06-26 23:35 | キャンプとバックパッキング
2010年 05月 03日

景信山と陣馬山

5月1日(土)快晴  トウキョウアルプス! 景信山と陣馬山に行ってきました。

今年のGWは天気も良さそう! ということで、ターゲットは陣馬山に決定!?
小仏から入って、景信山、陣馬山、藤野へ下る計画としました。

今回は車で高尾駅まで向かいます。ここで駐車場にデポして、バスで小仏へ入ります。
下山後は藤野からJRに乗って、高尾駅で下車、車で帰宅という計画です。我が家からだと中央線へは乗り換え多くて時間もかかるし、交通費も結構かかるので、この計画にしました。駐車場は普通のコインパーキングで一日900円だし。

e0066813_0524352.jpg


ということで。。。
[PR]

by yukibou65 | 2010-05-03 00:39 | キャンプとバックパッキング
2010年 04月 03日

丹沢 鍋割山

近所のお父さん仲間のSISHOWと二人で、丹沢鍋割山まで鍋焼きうどんを食べに行きました。

当日はあいにくの曇り空でしたが、暑くもなく寒くもなく、風も少なく、人も少なく、大変快適な山行でした。

頂上で食した鍋焼きうどんのなんとおいしいこと。もう「うまい、うまい、なんてうまいんだ!」を連発しながらいただきました。これを食べるために登ってくるというのも頷ける話です。

e0066813_2248826.jpg

大倉から西山林道をひたすら歩きます。単調な林道歩きも二人だと、ボソボソとしゃべりながら歩けるので良いですね。


e0066813_22501240.jpg

鍋割山山荘へのボッカボランティアです。ここで好きなだけ水や機材をボッカできます。
e0066813_22511147.jpg

私たちも2Lの水を上げることにします。山荘には水場がないので、すべてここからの荷揚げでまかなっているそうです。

e0066813_2252891.jpg

後沢乗越あたり
e0066813_22524678.jpg

ここから良い感じのコースです。
e0066813_2253683.jpg

大変よく整備されていて歩きやすいです。
e0066813_22531893.jpg

いいですねえ。
e0066813_22533954.jpg

e0066813_22535518.jpg

見えた!!

e0066813_2254899.jpg

山荘到着!まずはビールで乾杯!! んまい!!

e0066813_22545187.jpg

ほどよく飲んだ後は、お待ちかねの鍋焼きうどん。
山荘の中も雰囲気があったので、中でいただくことに。

e0066813_2255399.jpg

中はこんな感じです。


e0066813_22555966.jpg

で、食後はコーヒーをいただきました。
なんだかんだで、2時間近く滞在しておりました。笑

e0066813_2257163.jpg

小丸経由で下山開始。太陽がでてきました。

e0066813_22573537.jpg


e0066813_22574450.jpg

気に入っている画です。景色がよくて、相模灘を見渡せます。
今回あいにく富士山は見えませんでした。

e0066813_22584654.jpg

e0066813_2259124.jpg


二俣にて。長いくだりで少しくたびれ気味のオヤジ二人。


e0066813_22591851.jpg

のんびり降りてきたら、大倉はほどよく暗くなっていました。
バス、電車を乗り継ぎ、地元駅へ。
駅前で一杯ひっかけて反省会。
次回の計画を約束して、今回の鍋焼きうどんは無事に終了しました。

いやああ、まったりして良い感じの山行でした。もう少し時期がたてば頂上まわりのブナ林に新緑が映えてくるのではないかと。
人も少なくて落ち着いた感じが、オヤジ二人組みにはちょうど良かったです。

ここはまた行きたい!!
[PR]

by yukibou65 | 2010-04-03 22:44 | キャンプとバックパッキング
2010年 03月 15日

もう一つの高尾山


高尾山ケーブル駅からは、中央自動車道と圏央道とを結ぶ八王子ジャンクションが良く見える。
ほんとに山をくりぬいて道路を作っている。(トンネルですね)
このジャンクションから、更に南に向かって、さがみ縦貫道という高速道路も建設中だ。
これは、高尾山をくりぬいて海老名・湘南方面にまで伸ばす計画だ。いま、この建設にも是非が問われている。

高尾山にトンネルを掘ることによって、水系への懸念があるそうだ。高尾山は小さな山だが、水が湧き出している。
まさに緑のダムだ。これがトンネルによって水系にどんな影響を及ぼすかわからないらしい。
というより問題ないと工事側(国)が言うらしい。が、何もインパクトがないとは考えにくい。
高尾山の水を恵にしている地元にとっては重大な問題だ。老舗豆腐屋さんは死活問題だという。

高尾山は、海側と山側の気候の境目にあって、とても珍しい気象状態におかれ山域らしい。そのために、とても豊富で複雑な生態系を作っているとのこと。
草花の種類はとても多く、希少な植物も多く生育しているらしい。ブナと樫の木が隣り合ってそびえていることは通常考えにくいという。

近年ミシュランにも掲載され、また都会から近いため多くの観光客が訪れる。賑わい、皆がその自然に触れることは良いことだと思うが、反面生態系へのインパクトも無視できないと聞く。
登山道からはみ出したり、植物を持ち帰ったり、多くのマナー違反も目に付くと言う。

今回利用した稲荷山コースも多くの観光客の通行により深く掘れていたり、泥濘を回避するためロープの外を歩いたり、その影響は目に付く。

さがみ縦貫道が全線開通すれば確かに便利になる。我が家近くにもインターチェンジが出来、東名、中央、関越道と非常にアクセスは良くなる。
しかし、その反面、この身近な自然にインパクトがあるのは確実だろう。

建設反対とか、賛成とかを言うつもりはないし、どうすれば良いのかもなわからない。
正直に言うと、便利になるのは嬉しいが、自然がなくなるのはイヤだという極めて自分勝手である(笑)。

が、自然に遊ばせてもらっている謙虚な気持ちを忘れずに、慈しみ、マナーを守って楽しみたい。
そして、それらを子供たちにも伝えなくてはならないと思っている。
そこで起こっていることを正しく伝えたいと思う。
我々の世代ではなく、子供たちの世代へ間違いなく影響することだから。
[PR]

by yukibou65 | 2010-03-15 22:27 | キャンプとバックパッキング
2010年 03月 13日

高尾山

3月13日(土)家族で高尾山に行ってきました。
予報通りの暖かい一日で、風は少しありましたが、汗ばむくらいの陽気で楽しくのんびり歩いてきました。
渋滞を予想していましたが、すんなりと自宅から約1時間で到着。高尾山口駅前の駐車場に入れることができました。こんなに良い天気だけど、まだそれほど込み合う時期ではなさそう。

e0066813_2341282.jpg

駅前も割とひっそり?としています。
e0066813_2341208.jpg

ケーブル駅に向かう途中、焼き団子に反応する隊員。

e0066813_23413171.jpg

日陰には火曜日あたりに降った雪がまだしっかり残っています。雪を見るたびにストックでザクザクやる隊員たち。

e0066813_23414387.jpg

5分くらいでケーブル駅に到着!!
人も多くなってきて賑わっています。幼稚園の遠足舞台やら家族連れ、観光?、登山客、トレランなど、いろんな人がいます。

e0066813_23415189.jpg

駅前の「むささび」前でポーズを決める隊員たち。気合入れています。

e0066813_2342022.jpg

さて!では、いよいよ本格的な登りです。
予定では6号路を使って頂上までいくつもりでしたが、倒木のため通行止めに。仕方なく稲荷山尾根コースを使って頂上を目指します、約3km、90分ほどのコースです。

e0066813_23421117.jpg

で、いきなり階段使って高度をとります。
途中、コース整備の業者の方がチラホラ作業されていました、ご苦労様です。

e0066813_23421927.jpg

こんな感じのコースです。粘土質というのか、溶けた雪でけっこうドロドロというかネットリしてます。水はけも悪くて、ここからドロとの戦いでした。笑

e0066813_2342331.jpg

e0066813_23425476.jpg

娘が妙にハイテンションで、先頭をグイグイ引っ張っていきます。
休憩時に配られるお菓子と、頂上でのお昼ごはんが目当てらしい。笑
軽やかに登っていきます。すでに暑くてTシャツです。

e0066813_2343567.jpg

途中、景色が開けたポイントから関東平野を望みます。すかっと晴れていませんが、東京ドームあたりまで確認できました。

e0066813_23431777.jpg

こんな感じで、常に人が歩いています。
さすがに人気も山ですね。

e0066813_23432425.jpg

途中、ヘビの講習を受ける隊員たち。

e0066813_23433619.jpg

頂上下の階段を猛然と登る隊員。

e0066813_23434858.jpg

開けた頂上広場は、すでに多くの人で賑わっていました。
天気も良くて、暖かくて、風も割とおだやかで、3月とは思えないです。
到着はちょうど12時。息子の記録によると、歩行時間90分。休憩時間30分とのこと。
泥濘コースでしたが、みな頑張りました。

e0066813_23435942.jpg

昼食です。今回はおきらくに済ませるために、おにぎりを持参。
暖かいから、のんびりと休めるから良いですね。

e0066813_2344960.jpg

展望台から、うっすらと富士山確認。これで景色が良かったら最高ですね。

e0066813_23441951.jpg

山頂看板前で。
さて、これから下山です。
とりあえず、ケーブル駅まで向かいます。

e0066813_23443186.jpg

売店前で、残雪チェックをする隊員。

e0066813_23444091.jpg

薬王院へ向かうメインルートです。さすがにここは人が多いです。午後から来る人も多いようですね。しばらくは泥道なんですが、みなさん苦労されています。ハイヒールから登山靴まで。またまたベビーカーも通ります。


e0066813_23445321.jpg

ケーブル駅改札前にある売店にしか売っていない、「天狗焼き」。
これが、また美味しくて。中に入っている豆の甘さが良いかんじです。
息子は、これを焼くのに興味があるらしく、ずっと店の前で焼くのを観察していました。笑

e0066813_234535.jpg

帰りもケーブル使わず、1号路を使って降ります。
結構急斜面の舗装路なので、疲れますが。。。

e0066813_234514100.jpg

文句たれながらも。。。無事に全員下山しました。

e0066813_23452660.jpg

これまた駅前の残雪でポーズをとる隊員たち。
よくがんばった!!お疲れさん。
さて、次はどこのお山に行こうか!!
[PR]

by yukibou65 | 2010-03-13 23:38 | キャンプとバックパッキング
2009年 12月 13日

ポカポカ陽気 冬の大山

12月12日(土)
会社の仲間と息子の合計5名で、大山に登ってきました。
当日は12月とは思えないポカポカ陽気で、景色も食事もコンディションも最高の山行となりました。

コースは、蓑毛から歩き出し、ヤビツ峠を経由してイタツミ尾根で大山山頂。
帰りは見晴台を経由して下社からケーブルカーを使いました。
ペースものんびりで景色見ながら、休憩しながら、マッタリとした山行でした。
e0066813_22334336.jpg

ヤビツ行きバスは結構な混雑です。我々は蓑毛どまりなので、座って乗車。
e0066813_22342463.jpg

準備運動も終えて、蓑毛バス停からスタート!
e0066813_22343868.jpg

ちょっとした勾配の舗装路をまっすぐ上ります。
e0066813_22345148.jpg

川を渡ったら本格的な山道となります。
e0066813_2235880.jpg

白骨化した動物の頭蓋骨や足の骨らしきが散乱していました。鹿でしょうか。
e0066813_2235336.jpg

1時間ちょっとでヤビツ峠に到着。陽をあびて休憩中。いやあ、ほんとに暖かいです。もうすでにビールが飲みたい気分。
e0066813_22354617.jpg

イタツミ尾根の最初の階段地獄?を終え、散歩道のよう。
e0066813_22355755.jpg

後半は急な斜面をつづら折りに登ります。息子はもうすでに半袖です。(笑)
e0066813_2236821.jpg

富士山がくっきり見えていたのですが、ちょうど雲がかかっています。
e0066813_22362528.jpg

前日の雨で登山道はところどころぬかるんでいました。頂上までもうちょっとです。
e0066813_22363543.jpg

ようやく鳥居が見えてきました。ラストスパートです。
e0066813_22364788.jpg

頂上は多くの人で賑わっていました。たこ焼きパーティーをしていたグループがいまして、息子はどうやら見ていたようで、たこ焼きのおすそ分けを貰っていました。
e0066813_2236556.jpg

頂上も暖かくて風もなく、大変過ごしやすいです。さっそくビールで乾杯してランチの支度開始。
e0066813_2237795.jpg
本日もマルタイ棒ラーメンの豚骨味に自家製のチャーシューと煮玉子です。
ラーメンのあとは、Z君持参のコーヒーをドリップで、酸味のある味わい深いコーヒーには、甘いものかな。。なんて思っていたら、本日参加の紅一点Hさんからこれまた自家製チーズケーキが登場です。ラーメン、コーヒー、チーズケーキと素晴らしいコンビネーションです。
e0066813_2237209.jpg

頂上でのんびりして記念撮影です。
e0066813_2237302.jpg

息子は3回目の大山!
e0066813_22374155.jpg

頂上を後に、見晴台方面へと降ります。このころには雲がかかってきました。でもまだ暖かいです。
e0066813_22375082.jpg

ときおり太陽が顔を出し、陽だまりを散歩感覚。
e0066813_2238070.jpg

見晴台到着。関東平野方面がパノラマ状態です。新宿の高層ビルまで確認できました。
e0066813_22381660.jpg

息子は今回スケッチブックを持参していました。頂上とここ見晴台でもなにやら景色を写しとっています。家帰っても見せてくれないんです。(笑)
e0066813_22382559.jpg
e0066813_22383826.jpg

下社への道はときおり狭くなっており、慎重に進みます。
e0066813_22385017.jpg

滝です。
e0066813_2239831.jpg

なんだかんだで、16:30の最終のケーブルカーに間に合いました。
e0066813_22392179.jpg

息子は先頭を陣取ってご満悦。
e0066813_22394135.jpg

写真で見るとけっこうなスピード感ですね。
この後、バス停に向かう間におみやげを調達。バスで伊勢原駅に出て、そば屋で軽く本日の打ち上げ。
ケガやトラブルもなく、天気も最高で素晴らしい山行でした。
これくらいのんびり歩けたら気持ち良いですね。それにしても大山はやっぱり良い山です。今度はもうちょっと冷え込んだ時期にも来てみたいですね。

みなさん、お疲れ様でした!!また行きましょう!!


e0066813_22413611.jpg

本日のデータです。
[PR]

by yukibou65 | 2009-12-13 23:06 | キャンプとバックパッキング