ゆきぼうろぐ

yukibou65.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山 ( 30 ) タグの人気記事


2009年 10月 31日

山でのiPhone環境のまとめ

山でのiPhone環境をまとめておこうと思う。
10月の北アルプスでは、以下のような構成だった。
e0066813_23414110.jpg

・iPhone 3G
・GPSソフト:GPS kit
・Powerfilm USB+AA
・eneloop USB OUTPUT CHARGER KBC-E1
・単3型eneloop 8本
・iPhone用充電ケーブル

満充電でeneloopを8本用意したが、結局2泊3日では持たなかった。

Powerfilmでeneloopに充電した時間が限れており、結局2本しか満充電することができなかった。
が、太陽のきちんとあたる場所でしかPowerfilmをセットしなかったし、それもトータル5時間程度だったので、性能的には問題ない。あとが、どれだけ陽にあてることができるかだろう。

GPS kit でログを録りながらだと、6時間位でバッテリーを使い果たしてしまう。
もちろん、事前に地図キャッシュを行い、3GをOFFにしている。
なので、1日のうち一回はチャージが必要になる。
e0066813_23415141.jpg

GPS kitは期待以上のソフトだった。地図を事前にキャッシュしておくことができるので、3Gが使えない場所でも、現在地の確認ができた。これはすごい。

実は、KBC-E1でバッテリーが空になったiPhoneを充電することはできないことがわかった。
KBC-E1で充電できないのは、気温が低いからとか考えていたが、実際はそうではなかったのである。その後の実験で、バッテーリ残量が20%を切ってからは、KBC-E1では充電できない。残量がそれ以上あれば充電できた。
また、Powerfilm USB+AAではバッテリーが空になったiPhoneを充電することができる。
これは、Powerfilm.jp さんのレポートでも明らかだし、自分でも検証してみた。

したがって、 山でKBC-E1で充電できないときに、このことに気づいていれば、Powerfilm USB+AAで充電できたかもしれない。。。山ではそこまで思いつかなかった。


ちなみに、eneloop 2本で、
KBC-E1で残量20%から充電した場合、76%まで充電できた。
Powerfilm USB+AA で、残量0%から充電した場合、65%まで充電できた。
(バッテリー残量は、ソフト:About Battery を使用した)


次回からは以下のように運用してみる予定だ。
iPhoneのバッテリー残量が50%程度になったら、KBC-E1で充電する。
できるだけ20%以下にならないようにする。(使い切らない)
Pwerfilmのほうは、できるだけパックにぶら下げ、eneloopにできるだけ充電するようにする。
Powerfilmのほうが、iPhoneへ充電できる容量が少し多いので、夜などはPowerfilmからiPhoneへ充電しておく。
[PR]

by yukibou65 | 2009-10-31 23:46 | キャンプとバックパッキング
2009年 10月 26日

秋の北アルプス(徳本峠、大滝山、蝶ヶ岳、上高地)  番外メモ

今回の旅でのメモです。

・タープ(パシフィックアウトドア ライトウェイトシェルタータープS4)は良かった。もっていって成功。でも1.4kgある。でもN君に持ってもらった。
・主食メニュー(豚骨ラーメンとペンネ)は成功だったかな。
・フランスパン最高。
・モチ入りぜんざい最高。
・Gregory Baltoroは気に入った。使いやすい。でも、肩が痛くなった。笑 これは調整でなんとかしたい。
・アウタージャケットは重かった。軽いのを買おう。
・自作アルコールストーブは快調で、友人K君に売りさばいた。
・プリムスイータのコッヘルにジャスト適合する100円ショップのザル(僕の)と、同じく100円ショップのプラティパスもどき(K君の)を交換した。
・ビールはやっぱり美味しい。山はスーパードライだ。
・行動食持ちすぎた。
・お酒も持ちすぎた。笑
・着替は無しで大丈夫だった。(ソックスは必要)
・iPhone 3G + GPS kit は予想以上に良かった。地形図と現在箇所がわかる!(バッテリーの運用を誤ってログを失った部分は悲しい)
・1日の歩く時間をもう少し減らせば、iPhoneのバッテリー運用も楽だ。やっぱり歩きながら充電とかは面倒だ。
・晴れていれば、Powerfilmは確実に充電してくれて頼もしい。
・ストック無しでは歩けない。
・CAMELBAKのボトルは良い。上向いて飲まないのがこんなに楽だなんて。Baltoroのポケットにジャスト!
・シエラカップは使わなかった。
・調味料はいらない(醤油、油、塩、砂糖)
・ココアとコンデンスミルクはやっぱり良い。
・ドライマンゴー最高。
・pureグミのグレープも最高。
・パックの重量は15kgを目安に調整したい。(軽量グッズが。。。)
・自分の歩いたトレイルを振り返って見るのは気持ちが良い。
・長塀尾根はしばらく遠慮したい。
・あずさは1号車とか11号車とか、両端が良い。中間車両はツアーのお客様が多かったりする。
・Softbankは山では使えない
・DoCoMoはやっぱり山では強い。
・一眼レフを持っていきたい。
・HOBOチェストパックは使いやすい。
[PR]

by yukibou65 | 2009-10-26 11:08 | キャンプとバックパッキング
2009年 10月 24日

秋の北アルプス(徳本峠、大滝山、蝶ヶ岳、上高地)  その3

10月18日(日)

5時の目覚ましを逃し、5:40にN君が目を覚ます。
「寝坊しちゃいました!」

e0066813_22233361.jpg外は明るくなっている。
テントのジッパーから外を見ると、晴れて来ている!


e0066813_22235291.jpg慌ててみんなで外に出ると東の空は太陽が昇る直前で赤い。

なんと!西の穂高連峰は雪がついて白くなっている。ああ、なんてすばらしい景色だろう。
昨夜の雨も3000mでは雪だったに違いない。



e0066813_22241646.jpgしばらくカメラ片手にあっちにいったり、こっちにいったりして写真を取りまくる。
太陽は見た事もないように真っ赤だ。
八ヶ岳の左あたりからゆっくりと上ってくる。

皆、その太陽に見入ってしまう。 



e0066813_22243453.jpg



e0066813_22244821.jpg
木の枝にPowerfilmをぶら下げて、前日使った電池も充電。まさにうってつけ!
陽が出てきたところで、前日濡れた装備を乾かしながら急いで朝食だ。
アルファ米を使った、ベーコンほうれん草の雑炊だ。パリパリウインナーも付けて。

が、なんだかんだで片付け完了して出発準備が整ったのは9:00だった。遅い。。。


e0066813_22253394.jpg

急遽今日の予定を大滝山での幕営に切り替えた。




陽差しの降り注ぐ中、樹林帯の中村新道へ進路をとった。

e0066813_22361994.jpg
細かいアップダウンを繰り返しながら、樹林帯のぬかるんだ路を歩く。自分は疲れが取れていないのか、早々にバテ気味だ。
トップにN君に行ってもらい、できるだけマイペースを維持しながら、喘ぐように歩く。


e0066813_2236541.jpg
約1時間で明神見晴らしに到着。ここからは明神方面の眺めが素晴らしい。前日の雪で白くなった山々が息をのむほど美しい。小休憩して、次のポイントである槍見台に向かう。自分はいっこうにペースがあがらない、空もだんだん曇ってきた。
お腹が減ってきて、キュルキュルなりだした。ああ、なんか食べたい。



e0066813_22504957.jpg
樹林帯の中から、木で組んだヤグラが見えてきた。やっと到着。


e0066813_22511265.jpg
自分はパックを放り出すように下ろして、エネルギー補給にいそしむ。他の二人はヤグラの上に上がって景色を堪能している。僕にはそんな余裕はない。正直。ひたすら食べて水を飲む。
ストレッチで体をほぐして、次の行程に備えるのが精一杯だ。


e0066813_22371484.jpg


e0066813_22524057.jpg
ここからも単調なアップダウンを繰り返しながら高度を上げる。ゆっくりとゆっくりと。ぬかるんだ路がうらめしい。
途中、右肩がツルように痛む。新調したBaltoroが合っていないのか。。。痛むたびにストレッチする。



e0066813_22394158.jpg
最後の大滝山への稜線に出た。今度は東側の景色が開けた。すごい!ここも素晴らしい眺めだ。
狭い登山道にパックを下ろして小休憩する。安曇の町並みや八ヶ岳などの景色を楽しむ。空はどんよりしている。

さて、ここからラストスパートだ!もう山頂は見えている。
急登を一歩一歩登る。やっと山頂か!と思ったら偽ピークだった。がっくり。
だんだん植生も変わってきた。低い這松になってきた。




e0066813_22581564.jpg
大滝山山頂到着!西も東も良い眺めだ。狭い山頂で記念写真を撮り、先に進んだ。
少し下がって森の中から大滝山山荘が見えてきた。


e0066813_22541649.jpg16:00 やっと到着した。
山荘はすでに今シーズンの営業を終了しており、空いたスペースに幕営準備を始める。
曇っているが幸いに風はない。



e0066813_232781.jpg
周辺偵察に行くと、山荘前に小さな展望台があった。ここからも東の山々や安曇の街が一望できた。ここまで上がってきたとしみじみ感動する。


登山道を少し行くと、北峰だろうか少し開けた場所に出た。ここからは蝶ヶ岳をはさんで穂高連峰や槍がくっきりをその姿を表した。見渡す限りの絶景だ。大滝山あなどれない!
ここで幕営しようと話が出たが、風が吹いたらひとたまりもない、やっぱり今日は山荘脇で幕営させてもらうことにした。

今回急遽装備に加えたタープを張り、タープしたにテントの入り口を突っ込んでオートキャンプ?のような幕営スタイルが完成した。
ここも水場がないので、水に気を使いながら、夕食の準備だ。


e0066813_22412324.jpg


e0066813_22545245.jpg
今日は茄子ミートのペンネとフランスパン、ワインだ。
つまみもいっぱい出てくる。酒もビールから、バーボン、モルト、焼酎、日本酒、梅酒とすごいバリエーションだ。
明日の蝶ヶ岳に想いを馳せながら、モリモリ食べて、ちびちび飲んだ。笑


タープのおかげか夜露を避けることができた。タープから出て空を見たら、なんとそこには満点の星空が!!
すごい!天の川もくっきり、落ちてきそうな星だらけだ。流れ星もぐんぐん飛んでいく。
(この時期オリオン流星群かも)


e0066813_22414524.jpg
このまま空を見ながら寝るのも良いか!なんて話になったけど、それは勘弁、気温はすでに0度だった。
20時ごろにはみんなテントに入り、シュラフに潜り込んだ。風もなくなんて穏やかな夜だろう。
そういえば、あのときもこんな感じだったな。。と思い出話に花が咲く。





あのとき、それは。。。。
13年前、今日の3人の他、合計5名で僕たちは蝶ヶ岳にいた。
上高地から入って、徳沢から長塀尾根で蝶ヶ岳をピストンする1泊コースだった。
ぼくは初めての上高地だった。6月の暑い日、みなヘトヘトになりながら蝶ヶ岳にたどりつき、そのパノラマに圧倒され、感動し、安曇の街を見ながら持ってきたビールを飲んでいた。
蝶ヶ岳のテント場は小屋の少し上の稜線にある。眺めも最高だ。
ここまでは何も問題なかった。

その夜、僕は顔に何か押し付けられているのを感じて目が覚めた。それはテントの幕だった。

??なんで??

すごい音で風が吹いていて、テントが押しつぶされているのだった。
やばい!そう思ったが、眠気がまさりそのまま眠ってしまった。

明け方、雨も降ってきて、これはどうにもやばいという状態になり、テント越しに仲間に声をかけた。
避難しなければ。押しつぶされたテントの中で合羽に着替えてパッキングをする。外に出ると体ごと飛ばされそうな風だ。
どうやったか覚えていないが、テントをたたんで、蝶ヶ岳ヒュッテに逃げ込んだ。
そこはやはり避難してきた人たちであふれかえっていた。

ようやく落ち着いて、ほっとする。そとは風とガスで視界も悪い。
下山しようと外に出るが、方向がわからないくらい危ないので、また戻ってきた。

結局そこでしばらく待機し、少し弱まったときに同じ方面に下山するパーティと一緒に、ヒュッテを出た。
稜線をはずれると風の影響もなくなり、僕たちは走るように徳沢を目指した。
徳沢は陽が降り注ぎ、まるで別天地だった。そこで濡れた装備を乾かし上高地へ戻った。


このとき以来、僕たちの中では蝶ヶ岳が語り草になった。
今回、蝶ヶ岳を選んだのも、このとき想いに決着を付けたかったのだ。
今回蝶ヶ岳で幕営はできなかったけど、もう一度その頂を踏んで、「帰ってきたぞ!」とけじめをつけたかった。
e0066813_22592294.jpg

そんな想いを胸に、シュラフの中で眠りについた。



iPhone 3G + GPS kit で取得した本日のトラッキングログ
大滝山への最後の登りでバッテリーダウンしてログが少し途切れています。
歩行距離約10kmちょいくらいになると思います。ああ、今日もよく歩いた〜。
e0066813_235370.jpg

[PR]

by yukibou65 | 2009-10-24 23:06 | キャンプとバックパッキング
2009年 10月 24日

秋の北アルプス(徳本峠、大滝山、蝶ヶ岳、上高地)  その2

10月17日(土)

5:00に目覚ましが鳴るものの、皆起きようとしない。まずい、これでは毎回同じパターンだ。
と思いながらも、30分遅れた場合のシナリオを考える。。。

が、そこは若いN君がすぱっと行動開始してくれた。

眠い目をこすりながら、最終パッキングを始めた。
幸い天気は晴れだ。でも、今日は曇りのち雨の予報。

e0066813_0395733.jpg
7:00 各自装備を満載したパックを背負って、歩き出した。


e0066813_0414483.jpg
体を温めるように、単調な林道を行く。幅も広く、ときおり工事車両も通る。


e0066813_0452271.jpg
途中、猿の群れが林道脇にたむろしている。


e0066813_0433078.jpg
工事現場を通ると、工事のおじさんに「今日は雨降るよ!」とアドバイスをいただく。


e0066813_049435.jpg


e0066813_0525784.jpg
2時間ほどで二俣の休憩地点に到着、パックをおろして一休みする。ここで陽がさしはじめてきた。


e0066813_0491884.jpg二俣にはとてもきれいに清掃されている公衆便所がある。


e0066813_0495214.jpgちょうどベンチがあり、良い具合だ。陽も射してきて暖かい。
30分ほど休憩し、出発した。




e0066813_0554744.jpg


e0066813_056361.jpg途中、何度も崩落した箇所があり、巻くようにトレイルが付けられている。轟々と川の音を聞きながら進む。
いつまでも歩いていたくなるような、素晴らしいトレイルだ。


e0066813_0564385.jpg


e0066813_0572683.jpg


e0066813_0574469.jpg
ここから本格的なトレイルの様相だ。川沿いの樹林帯を縫うように進む。
途中、何度も崩落した箇所があり、巻くようにトレイルが付けられている。轟々と川の音を聞きながら進む。
いつまでも歩いていたくなるような、素晴らしいトレイルだ。
が、荒れた場所や滑りやすい場所もあり、慎重に慎重に進む。


e0066813_11671.jpg


e0066813_113139.jpg
1時間半ほどで、岩魚留小屋に到着する。
現在は営業していないので今にも朽ち果てそうな感じだ。
だが、縁側やベンチがうれしく、座り込んで休憩する。
ここでパラパラと雨が降ってきた。
川に下りてみると、なんと冷たい水だろうか、数秒と手を入れていられないくらいに冷たい。顔を洗って、行動食を補給した。




e0066813_142443.jpg
ここからトレイルは少し険しくなるが、これまで同様川沿いを進む。
高度も少し上がってくるのが感じられる。谷も狭まってくる。


e0066813_145356.jpg
次第に雨が強くなり、本格的に降り出してくる。アウタージャケットを着込み、少し暑いが仕方ない。
何度も川を渡りながら、谷の奥深くへと進む。


e0066813_153255.jpg
徳本峠は水場がないので、水を補給して上がらないといけない。
力水という水場があるらしいのだが、なかなか確認できない。
そうこうしているうちに、徳本峠への急登が始まった。
沢へ流れ込む水も雨のせいか増えているような気がする。


e0066813_162153.jpg
GPSで確認しながらも力水は確認できず、仕方なく支流で水を補給した。
私は約3kgを追加だ。K君は5kg。N君はなんと下から6kg近い水を背負っている。
さすが若くて鍛えているだけあって頼もしい。
実はこのころには、僕は結構疲れが出ていて、ここでの3kg追加が応える。
強くなる雨がダメージを倍増させる。


e0066813_164412.jpg
水を補給して歩き出したら、すぐに力水を発見した。笑 
細いパイプからチョロチョロと水が出ている。
ま、沢の水でも大丈夫だろうということで、再補給せずにそのまま進んだ。

ここからは正直堪えた。しんどかった。が、ゆっくり一歩ずつ足を出す。
確実に峠は近づいているのは空をみればわかる。
でも、なんども高度計を確認し、ゆっくりすすむ。

テレビで見た田部井さんの言葉を頭の中で繰り返す。
「ゆっくりで良いんです。歩いていれば、必ず着きますから」



e0066813_1114527.jpg
やっとのことで徳本峠に到着。時間は17時だった。もう回りは薄暗い。


e0066813_1124879.jpg
徳本峠小屋は工事のため営業していない。あいた場所にテントを張り、3人でなだれ込むようにテントに入った。


e0066813_1134631.jpg
まずはビールで乾杯!!お疲れさま。
ちょっと一息入れて、狭いテントの中で夕食の準備を始める。
今日は自慢の豚骨ラーメンだ。このためにチャーシューと煮卵を仕込んできた。
あっという間に平らげて、お酒を飲みながらつまみをやる。



Black Diamond Orbit を天井から吊るす。すごい、この小さなボディだが、テントの中を暖かく照らしてくれる。
買ってよかった。

今日は7時に出発して17時に到着、前日に睡眠不足とはいえ、時間を食い過ぎた。
みな、20kg超の装備だし、まだペースもあがらない。
明日は蝶ヶ岳までのコースだ。5時起きを約束し(この時間設定がすでに遅いが 笑)、狭いテントでシュラフに潜り込んだ。

雨は相変わらずで、風もでてきた。幸い、テントは風をさけているようで、揺さぶられるようなことはない。
明日は晴れるはずだ!と言い聞かせて、眠りについた。このとき21時くらいだろうか。

夜中に目が覚めたが、まだ雨は降っている。その次目をさましたときは雨はやんでいた。

少しほっとする....



iPhone 3G + GPS kit で取得した本日のトラッキングログ
徳本峠への最後の登りでバッテリーダウンしてログが途切れています。
歩行距離約17kmくらいになると思います。ああ、初日よく歩いた〜。
e0066813_1161954.jpg

[PR]

by yukibou65 | 2009-10-24 01:21 | キャンプとバックパッキング
2009年 10月 22日

秋の北アルプス(徳本峠、大滝山、蝶ヶ岳、上高地)  その1

10月16日(金)

明日から友人たち3人(豊橋のN君、岐阜のK君、僕)で秋の北アルプスだ。
島々宿から徳本峠へ、そして中村新道で大滝山、蝶ヶ岳へ回り、徳沢へ下りて上高地というコースだ。
これを2泊3日でやる。結構ハードなコースにすでに緊張感は高まっている。

会社をフレックスで早めに退社し、帰宅後子供達と風呂に入って、家族で夕食。
食材やらをパッキングし、最終装備で計量すると21kgだった。ううう、この重量は人生初だ。
新調したBaltoroもいい感じで膨らんでいる。

20時過ぎ、家族に見送られて家を出た。「行ってきますっ」
このころには緊張も消えて、ワクワク感が募ってきた。


e0066813_19483625.jpg
21:33 八王子からあずさ35号に乗る。
幸い車両最後部の座席を確保できたので、Baltoroを座席の後ろに押し込み、缶ビールを開けた。
チビチビ飲みながら、眠れるはずもなく、地図をみたりしてすごした。
車内はまばらで、出張帰りのサラリーマンが目立つ。


e0066813_1949424.jpg
23:55 定刻より少し遅れて松本駅に到着。
初めての松本駅はとてもきれいで驚いた。
同行の友人二人は車で来てピックアップしてくれる。たぶん、西口だろうと思って待っていたら、なんと東口にいるとのこと。重い荷物を背負って東口に移動した。


e0066813_19502152.jpg
そこには、いつものK君とN君が笑顔で待っていた。

荷物を車に押し込み、さっそく馬鹿話に花を咲かせながら、静かな国道を上高地方面へと車は向かった。

デポ地点に到着し、軽く一杯やって、車中泊だ。興奮気味のK君はずっとしゃべりっぱなし。いつものようになぜだかヘッドランプを点灯させながらシュラフに包まっている。

途中寒さに何度か目を覚ましながら、朝を迎えた。
[PR]

by yukibou65 | 2009-10-22 19:54 | キャンプとバックパッキング
2009年 10月 20日

秋の北アルプス(徳本峠、大滝山、蝶ヶ岳、上高地) 無事帰還

17日から2泊3日の秋の北アルプスですが、無事に予定通り帰還しました。
雨と風、その後の快晴と激しくハードでしたが、最高の旅でした。
e0066813_2111244.jpg

今日(20)は、山道具の後片付けと衣類の洗濯、メンテナンスをのんびりと行いました。
使えた道具や使えなかった道具?など、次回に向けて思いを巡らしながら。

山のレポートはまた別途。
写真は、蝶ヶ岳山頂から穂高連峰です。中央のトンガリが槍ヶ岳ですね。
[PR]

by yukibou65 | 2009-10-20 21:12 | キャンプとバックパッキング
2009年 10月 15日

iPhone GPS kit

iPhone用のGPSアプリ、「GPS kit」です。
e0066813_1555095.jpg

GoogleのTOPOデータが利用できるのと、事前に地図をキャッシュすることができるので、3G回線が使えなくても地図上に現在地が表示されます!!これはすごい。(さすがに登山道までは表示されませんが)
ウェイポイントやトラッキングログはもちろん、速度や高度、方角などの表示もできます。
こういうソフトが欲しかったんです!

ということで、週末の北アルプスで早速その実力をテストしてきます。
[PR]

by yukibou65 | 2009-10-15 15:06 | キャンプとバックパッキング
2009年 10月 11日

HOBO/パスファインダーチェストパック

HOBOグレートワークスのパスファインダーチェストパックです。
前から狙っていたのですが、ようやく買えました。(笑 
使い心地がとても楽しみです。
e0066813_0274753.jpg

なぜか3個も。
新色グレーはなかなかかっこいいです。
新しいBALTOROに合いそうです。
[PR]

by yukibou65 | 2009-10-11 00:28 | キャンプとバックパッキング
2009年 10月 04日

秋の北アルプスに向けて 装備追加

10月に友人3人と北アルプスへの山行を計画しています。
現在、いろいろと準備を進めているのですが、装備を一部更新しました。
e0066813_0364743.jpg

まず、ランタン。
通常はランタンなど持っていかないのですが、こいつだけは気になっておりました。
で、実物を見て、脊髄反射で買い物かごにスルーパスです。(笑

Black Diamond Orbit
1WのLEDランタンです。単4電池4本で70時間駆動。重量わずか128g(電池込み)。
全高は約100mmで、使用時は引き延ばして140mmです。

e0066813_036294.jpg

写真の左は、10年以上前に買った、電池式ランタンです。単1電池4本駆動で、850gです。
持ちは良いですが、昔はこいつを特に疑問もなくザックに入れておりました。(笑

e0066813_0365814.jpg

で、おまけは、Snow peak チタンシングルマグ450です。
初めてのチタン製品です。こいつは68gです。普段使っているステンレスのダブルマグは220gです。
素晴らしい。(笑

ということで、いくつかの装備を更新しながら、準備中です。
[PR]

by yukibou65 | 2009-10-04 00:38 | キャンプとバックパッキング
2009年 09月 25日

弘法山ファミリートレッキング!

9月22日! 念願だった家族でのファミリートレッキングに行ってきました。
e0066813_044563.jpg

場所は、神奈川県の弘法山! 小田急の秦野駅から鶴巻温泉駅までの約7kmのコースです。
標高は約250mで、最初に急登がありますが、そこからはナダラかなプチ尾根歩きって感じで、アクセスもよく大変素晴らしいコースです。水場もトイレも豊富?で安心ですね。
でも、弘法山から先、吾妻山、鶴巻温泉へはトイレありませんので要注意です。
でも全行程4時間くらいなので、まあ、大丈夫でしょう。

秦野駅→浅間山→権現山→弘法山→吾妻山→鶴巻温泉駅

というコースで、なんと四つもピークを踏める訳です。笑

今回は天気も良くてとても気持ちのよいトレッキングでした。人も多かったですが。
心配していた下の娘(小1)も、最初の急登はちょっとテンション下がってましたが、自分のペースをつかんでからは、すいすい一人で歩き出して、心配も希有に終わりました。息子(小4)は詰めすぎたザック(笑)にちょっとしんどそう。で、我が家のママさんですが、久しぶりの歩きということもあって、ちょっと疲れた様子でしたね。
子供達は、自分で選んだオヤツを休憩の楽しみにしていたようです。オヤツがあれば相当歩けるかも。笑

私は下山後のビールが最高に美味しくて、電車でうとうとしながら帰りました。笑
鶴巻温泉駅前には、弘法の湯という温泉があり、登山者の多くは下山後に汗を流してビールをやるのが定番のようですね。
近場でさくっと行けるのが何より最高です。季節を変えてまた訪れてみたいと思います。

で、まずはお約束のiPhoneでのログから。
今回は予備バッテリーとしてeneloop2本持参、昼食時に追い充電して十分持ちました。
充電はもちろん、 Powerfilm USB+AA です。今回も日差しを直接あびることは難しく、単なる予備バッテリーでした。笑
e0066813_011943.jpg
e0066813_013133.jpg
e0066813_015536.jpg



e0066813_041668.jpg

登山道入り口で気合いを入れる隊員たち
e0066813_042716.jpg

最初の登りをテンポよく登る隊員たち
e0066813_043668.jpg

隊長とポーズをとる隊員たち
e0066813_051669.jpg

昼食はお気に入りのマルタイ棒ラーメン豚骨味!!
e0066813_053710.jpg

これに、前日に自ら仕込んだ焼豚と味付け卵!! (紅ショウガ忘れた)
うまい!うますぎる!! これはもはや山の定番になります。
e0066813_054568.jpg

下山後、少々疲れ気味の隊員たち

さて!次はどこへ行こうか!!

[PR]

by yukibou65 | 2009-09-25 00:16 | キャンプとバックパッキング